すっぽんは食べてみるとイメージが変わる

すっぽんは食べてみるとイメージが変わります。健康を促進する食材として非常に有名です。

デコボコニキビ跡はセルフケアで改善することができるのか

   

何度も繰り返しニキビができたり、ニキビが激しい炎症を起こすと、デコボコとしたクレーター状のニキビ跡が残る可能性があります。このようなデコボコニキビ跡はセルフケアで改善することができるのでしょうか。

皮膚は表面から表皮・真皮・角質層で構成されています。クレーター状のニキビ跡は、ニキビの炎症ダメージが真皮や皮下組織にまで及んでしまったことが原因です。炎症によってダメージを受けた皮膚が修復される際、健康な皮膚と傷つけられた部位とで均一に修復が行われないため、クレーター状になってしまうのです。

クレーター状のニキビ跡には、アイスピックタイプ、ローリングタイプ、ボックスタイプなどいくつかタイプがあります。真皮の奥深くにまで達してしまったニキビ跡は、セルフケアでの改善が難しいですが、程度が浅いものであればセルフケアで目立ちにくくなる可能性があります。

クレーター状のニキビ跡を改善するには、肌の再生を促すことが大切です。

肌を作るにはタンパク質が必要なので、良質なタンパク質を摂取しましょう。タンパク質は肉・魚・卵・大豆製品などに多く含まれています。肉や魚はカロリーが高いので控えている方が少なくありません。カロリーが気になるときは、低カロリーな白身魚や納豆や豆腐などの大豆製品がおすすめです。

真皮層にはコラーゲンとエラスチンが存在していてハリが保たれています。鉄分、アミノ酸、ビタミンCを摂取することで、コラーゲンの生成が促されます。

紫外線にも気をつけましょう。紫外線を浴びると肌がダメージを受け、肌の再生が滞ってしまいます。また、新たにニキビを作らないためにも紫外線対策が重要です。刺激が少ない日焼け止めを塗る、日傘をさす、帽子をかぶるなどして紫外線対策をしてください。

ピーリングには古い角質を取り除き、ターンオーバーを促す働きがあります。AHAやサリチル酸などのピーリング成分が配合された洗顔料を使用することでターンオーバーが促され、クレーター状のニキビ跡が目立ちにくくなることが期待できます。しかし、ピーリングをやりすぎると肌がダメージを受けるので、週に1~2回までにしましょう。

 - 若返り